即戦力となる人材

会議

現在、出版社における雑誌編集者の募集は中途採用が多く、ある程度の経験を積んだ人材を求める事がトレンドです。例えばバイクの雑誌編集者の場合は、バイクショップに勤めていた経験を持つ人など、バイクに関して相当深い知識を持っている人材が求められるのです。つまり、得意なジャンルの知識に自信があれば、転職出来る可能性が高いです。そのため、雑誌編集者への転職を希望している人にとっては、今は狙い目の時代と言えるのです。また転職においては、編集者の経験はそれ程重要ではありません。なぜなら編集者の仕事は、オンザジョブトレーニングで身に付ける要素が多いからです。むしろ企画の発案などは、未経験者の方がフレッシュなアイディアを持っていたりするので、編集業務が未経験の人材でも問題ないのです。

雑誌編集者の転職先を探すには、対象となる雑誌のウェブサイトを閲覧してみましょう。採用情報のバナーがあれば、そこをクリックして条件を良く読み、必要事項を記入して履歴書を送付します。また雑誌を購入して、編集後記のページを確認してみましょう。このページは記事や広告のページとは異なり、出版社側がある程度自由にレイアウト出来るので、募集がある場合はこのページに募集要項が掲載されている事が多いです。さらに、ウェブサイトや編集後記に採用情報がなくても、まずは出版社に電話などで問い合わせてみましょう。極端な言い方をすると編集者は何人いても困らないので、有望だと認められれば、とりあえず面接までは話が進む場合があるからです。